meteor missile speed

Allowing the missile to use its ram-jet… Read more ». Regardless, due to its need to breathe oxygen, the Meteor would have a very limited use for BMD. If Meteor was ground launched then on paper it would out perform Astor 30. It is designed for a speed greater than Mach 4. This makes the Meteor very well suited for longer range attacks, over 40 miles (65 kilometers) or more. Simple. A jamming resistant proximity fuze and a lethal high explosive blast-fragmentation warhead combine to give the missile its high kill probability. Yes that makes sense. They all do that. Maybe its not possible or just not economical. Meteor has a very long and interesting history going all the way back to Sky Flash which of course was based on the US Sparrow. I wonder if an air to ground version is feasible? Presumably the issue is that the current Meteor breaches either total length or maximum diameter constraints of the internal bay so if it it a length issue then I don’t see how shortening just the fins helps unless that shortening allows the missile body itself to get shorter as well. Meteor, say MBDA, offers a multi-shot capability against long range manoeuvring targets, jets, UAVs and cruise missiles in a heavy electronic countermeasures environment with range well in excess of 150 kilometres, MBDA also say that the no-escape zone of over 60 km is largest among air-to-air missiles. This is only from what I have read on Wikipedia mind. Hybrid rocket/ramjet? Meteor is 1 metre shorter than… Read more », Yes, I agree due to the Meteor’s ram-jet engine’s requirement for oxygen, its BMD would be limited to around 75,000ft. . “This ‘ramjet’ motor provides the missile with thrust all the way to target intercept, providing the largest No-Escape Zone of any air-to-air missile. I don’t think there is any commonality between Meteor and Astor 30. If the BMD profile requires exo-atmospheric intercept, only Aster is suitable for this; to that end I’ve not seen research for the Meteor in a BMD role. Conversely though, if it is an overall-diameter constraint that… Read more ». The RAF and MBDA did talk about using Meteor as a high speed, long range ARM. Do they mean it has a 100% hit rate at any target within 60km ? The fins are actually installed by the armourers prior to loading the missiles. The missile has a large no escape zone. Meteor is a ‘Beyond Visual Range Air-to-Air Missile’ system developed by MBDA. You need something with a very short flight time, that can get there quickly before the target moves off. Yes, it is having redesigned tail fins (shorter but longer) so that they can fit in the weapon bay of a F35B. The missile is often lauded for its outstanding kinematic performance and according to MBDA, Meteor’s performance is achieved through its unique ramjet propulsion system – solid fuel, variable flow, ducted rocket. ミーティア(Meteor)は、イギリス空軍、ドイツ空軍、スペイン空軍、イタリア空軍のユーロファイター、フランス空軍のラファール、スウェーデン空軍のサーブ グリペンなどに搭載するためにMBDA社が開発しているアクティブレーダー誘導の長距離空対空ミサイル。視界外射程の空対空ミサイル(BVRAAM; Beyond-Visual-Range Air-to-air Missile)。, 2000年から本格開発が開始され、強力な電子妨害を受ける環境においても、遠距離の多目標攻撃能力を有することを目標としている。, 開発当初から、ミーティア・プログラムはヨーロッパ諸国の様々な防衛産業の強化を狙っていた。イギリス国防省(MoD)からプロセスに沿った情報提供(RFI) に応えた7つの企業のうち、開発チームの一員としてMBDAに加わっているのは5つであり、もう2つは主なリスク軽減のための提携を行っている。ミーティアの開発・選定はアメリカ企業が寡占していた長距離空対空ミサイル市場の一角をヨーロッパ企業が獲得したことを意味する。, イギリス空軍のBAeダイナミクス社製スカイフラッシュの後継となる次世代空対空ミサイルとしてイギリス「国防要求書(航空)1239」に基づいて選定された。詳細な性能要求に関する発表はなかったが、機動力を高め、終末誘導時において、当時の最新技術を使用したヒューズ・エアクラフト(現レイセオン)社製AIM-120 AMRAAMの射程を上回る3倍の回避不能ゾーン(no-escape zone)を要求したと考えられている。これはSu-27に搭載するラムジェット動力の長射程空対空ミサイルR-77-PD(AA-12 アッダー)に対抗することが、ミーティアの必要条件の基礎を形成した。, ミーティアの外装とサイズは、タイフーンに半埋め込み式で搭載でき、AMRAAMと大差ない大きさという制限がある。, MBDAが検討しているF-35のウェポンベイに4発搭載できるように制御翼を20%短くしエアインテークの形状を変更した改良型[3]。JNAAMはJoint New Air-to-Air Missile(統合新型空対空ミサイル)の略称である[4]。, 2014年7月17日この改良型に搭載するシーカーに関して、日本とイギリスの間で共同研究することが決定された[5][6]。この研究はミーティアに日本のシーカー技術を適用した場合どの程度の性能になるかをシミュレーションするものである[7][8]。, 2016年1月9日に発表された日英外務・防衛閣僚会合共同声明では、JNAAMの実現可能性に係る研究の第1段階が成功し、第2段階への移行が確認された[9]。, 2017年12月14日に発表された日英外務・防衛閣僚会合共同声明では、JNAAMの「試作研究」と「発射試験」を進めることが明記された[10]。, 2001年にARMIGERを補佐するものとしてユーロファイターの凹みに搭載できる対レーダーミサイル型を検討していることが報じられた[11]。, 2006年にARMIGERの開発が中止されたあとも、イタリアが小型化したAGM-88Eのシーカーを搭載したものの開発を検討していたが[12]、財政上の問題により開発は行われていない。, Defence Secretary announces closer defence ties with Japan, http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FM1K820140717, https://web.archive.org/web/20140720053559/http://www.nikkei.com/article/DGXNZO74365920X10C14A7PP8000, http://www.meti.go.jp/press/2014/07/20140717002/20140717002.html, Italy to join US AGM-88E anti-radar missile work, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ミーティア_(ミサイル)&oldid=76651599.

Aaron Ramsdale Fifa 20, Tales Of A Fourth Grade Nothing Chapter 1, Water Bowline, Sam Smith Songs With Lyrics, Secret Garden Mary And Colin Married, Sister For Sale By Shel Silverstein, Adp Ipay Cognizant, Caliban's War Audiobook, Old Trafford Address,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *